記憶力を上げるサプリ!物覚え、頭の回転が良くなる!

記憶力サプリで物覚えや頭の回転を良くする

最低でも6時間以上の睡眠を

 

みなさんは普段どのぐらい眠っていますか?最近寝不足だなと感じることはありませんか?人によっては睡眠時間は短くてよいという人、たくさん寝ないとだめだと言う人様々かもしれません。ですが実は身体にとって理想の睡眠時間があるのをご存知ですか?理想の睡眠時間を取ることによって身体の健康はもちろんのこと脳の健康にも大きく影響してくるので少しだけ意識してみましょう。

 

人間の理想の睡眠時間はだいたい7時間〜9時間です。睡眠は短すぎるのもよくありませんが、だらだらと長すぎる睡眠も身体にはよくありません。特に脳にとってはこの理想の睡眠時間は必要不可欠なものとなります。まずはこの睡眠時間を使って脳はしっかりと休ませるのです。

 

脳は身体のどの部分よりもエネルギー消費が多い器官であり疲労も多い器官で、休息をしっかり取ることが重要なのです。昼寝などの中途半端な仮眠ではなかなか脳の疲労を回復することは出来ないので、最低でも6時間以上の睡眠で脳をしっかりと休ませましょう。

 

また脳を休ませている間にも一部ではその日の記憶を定着させていると言われています。一日の中で膨大な情報がめまぐるしく脳に流れ込んできているのでそれを即座に定着させるのは無理があります。そこで眠っている間にゆっくりと時間をかけて情報を整理し定着させていくのです。余談ですが実は夢を見ている時に情報の整理が行われているとも言われているんです。この二つの観点からしっかりとした睡眠を取るのが重要なのがわかりますね。

 

寝る前の1時間は勉強のゴールデンアワー

 

 

脳には一日の中で効率よく働くことが出来る時間帯があります。まずは午前中です。起きてから日が昇りきる前の10時ぐらいまでが最適な時間で、この時間は空腹状態あることが多い為、自然と集中力や記憶力が高まるのです。動物なども空腹時に狩りを行なうのはこの為です。逆にお昼ごはんを食べた後の時間帯は満腹状態にあるので記憶力や集中力の面ではあまり学習には向きません。

 

次の時間帯としては夕食前の夕方4時ぐらいからでしょう。空腹の状態で更に一日の内で脳が活性化している時間帯でもあるので、学校の宿題などはこの時間帯に済ませると効率的に進めることが出来るのではないでしょうか。

 

そして最後に寝る前の時間帯です。人間は睡眠中に記憶を整理し定着させています。そこでこの寝る前の時間帯に勉強などで記憶することによってより多くの記憶を残すのではなく質のよい記憶を残すことが出来るようになります。これが寝る前の1時間が記憶のゴールデンタイムと言われる所以なのです。特に暗記などの記憶に関してはこの時間帯に行うと睡眠というバックアップ機能があるのでお勧めです。

 

一日中だらだらと勉強をして記憶を増やすのではなく短期的にこういった脳が働きやすい時間を使って勉強してみることで効率的に勉強が捗るようになるのではないでしょうか。また徹夜などで一夜漬けをしてもその時の記憶でしかありません。勉強の内容などは長期的に残したいものであり、時には休息を取って無駄な勉強の時間を減らしましょう。

 

記憶力は鍛えられる

 

ゲームや雑誌などで流行ったことがあるのでポピュラーになったのが脳トレですね。訓練することで脳を鍛えることが出来るという脳科学に基づいた考え方から生まれたものであり、ゲーム感覚で行なうことが出来るので実践したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

実際には脳を直接鍛えるというわけではなく、脳が衰えないようにするという考え方の方が正しいようです。脳の衰えを防止することによって記憶力などの低下を予防することが出来るので結果的には脳を鍛えることになるわけですね。ここではその方法についてご紹介しましょう。

 

まずはやはり生活習慣を見直すことから始まります。体の健康を維持するのと同じように脳の健康を維持することが必要不可欠となるからです。バランスの良い食事に脳に良いとされる食青魚やほうれん草、ブルーベリーなの食材を取り入れてみましょう。またたまにカフェインを摂取したり、記憶力が良くなるサプリメントをとりいれたり、すると短期記憶力た注意力などをつかさどる脳の中枢神経に刺激を与えることが出来るので取り過ぎない範囲であればコーヒーや紅茶などを取り入れるのもよいでしょう。

 

バランスの良い食事の次は適度な睡眠と運動です。睡眠は記憶を定着させる時間として考えます。また運動によって血液の循環がよくなることによって脳に充分な血液がいくようになるので働きが活性化されるようになるのです。

 

この他には読書や音楽鑑賞などで脳以外の視覚や聴覚などの器官に働きかけたり、様々なことに興味関心を持ち他人と情報を共有するなども脳に刺激を与えることができるようになります。一度で全部を実践するのはとても難しいことなどで簡単に始められることから始めてみてはいかがでしょうか。始めてみることも重要ですが実は脳を鍛えるには繰り返し行なうことが重要になるので継続させることで変化を感じることが出来るようになります。

 

ハイドロキノンで肝斑治療

 

肝斑とは、老人性のシミのことをいいます。年を重ねると女性ホルモンの減少やストレスから肝斑が頬やおでこ、口元に表れることがあります。肝斑はシミの一種ですから美白治療と同じだと考えてよいでしょう。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制し、今表れている肝斑を薄くしていくことにも効果が期待できます。

 

肝斑治療のためクリニックへ行くのもいい方法ですが、最近ではドラックストアやインターネットでもハイドロキノン配合の化粧品を購入することができますので自分でチャレンジする方法もあります。毎日のスキンケアにハイドロキノン配合の化粧品を一つプラスして肝斑の治療の方法です。

 

ハイドロキノンは即効性のあるタイプですので、使用開始まもなく効果を感じる方もいます。遅くとも数週間で効果は感じられます。しかしハイドロキノン成分は使用方法に注意が必要な成分ですので、十分に理解し使用してください。少しでも気になるときはクリニックへ行くようにしましょう。

 

http://xn--ecks7fvab6psbwdw537b9qddu9l.jp/

 

更新履歴